ご乗車方法

路線バスへのご乗車方法は、お客様のご利用状況や運行頻度等を踏まえ、運行系統、時間帯等により2つの方法がございます、

中乗り(運賃後払い) のご利用方法

1:乗車

中央の扉(①)からご乗車し、次の方法で乗車された停留所を提示してください。

中乗り(運賃跡払い)
ICカード
(PASMO、Suica等)
ICカードを図の緑色の枠内にタッチしてください。
現金 整理券をお取りください。
※始発停留所では発券されません。
定期券
ICカードリーダ・整理券箱
バスご乗車時のお願い

お客様のバス車内での転倒等によるけが防止のためご協力をお願いいたします。

  • やむを得ず急ブレーキ等をかけることがあるため、着席になるか、つり革や握り棒におつかまりください。
  • 走行中の座席の移動等は、お控えください。
  • ベビーカー、車椅子等は、ストッパーや補助具等で固定してください。
  • バスの扉付近(車両により黄色のペイント部分)には、お立ちにならないようお願いいたします。
  • お降りの際は、バスが完全に停車してから移動してください。
    (バス停車時は、体のバランスを崩し転倒事故が発生しやすい状況です)

2:降車準備

降車ブザー

お降りになる停留所のアナウンスがありましたら、お近くの降車ブザーを押してください。
(降車ブザーを押していただかないと、停留所を通過します)

3:お支払い~降車

運賃表示器

バスが停留所に完全に停車したら、車両前方へ移動し運賃をお支払いください。

  • 運賃は車両前方に表示されています。(表示運賃は大人運賃です)
  • 障がい者割引、エコサービス、ノーカー・アシスト優待証等の割引が適用される場合、運賃のお支払い前に証明書類等とともに運転士にお申し出ください。
運賃箱(中乗り)
ICカード
(PASMO、Suica等)

ICカード読み取り部にタッチしてください。

  • ※次のお支払いとなる場合、タッチする前に運転士にお申し出ください。
    • 複数人の運賃を1枚のICカードでお支払いになる場合
    • 子供運賃を大人用のICカードでお支払いになる場合
  • ※ICカードの残高が不足する場合、バス車内では1,000円札のみチャージできます。駅の券売機やコンビニエンスストアでは高額紙幣でもチャージできます。
現金 運賃を、現金投入口に入れてください。
※お釣りはでません。予め両替ください。
(1,000円札、500円、100円、50円硬貨のみ)
定期券 定期券を運転士にお見せください。
整理券は現金投入口へ投入してください。
※定期券の区間外をご利用の場合、該当区間の運賃をお支払いください。
バスを降車する際のお願い

お客様のけがや交通事故防止のためご協力をお願いいたします。

  • バスから降りられる際に、自転車やバイクがバスの脇をすり抜ける場合があります。ご注意ください。
  • バスによる巻き込みや接触事故を防止するため、バスを降りた後はバスから離れてください。
  • バスの直前、直後の横断は、絶対におやめください。バスを追い抜く車両との事故の原因となります。

前乗り(運賃前払い) のご利用方法
※富浜系統、行徳系統、塩浜系統の朝の時間帯

1:乗車~お支払い

前の扉(①)からご乗車し、降りられる停留所を運転士にお伝えいただき、運賃をお支払いください。

前乗り(運賃前払い)

 

運賃箱(前乗り)
ICカード
(PASMO、Suica等)

ICカード読み取り部にタッチしてください。

  • ※次のお支払いとなる場合、タッチする前に運転士にお申し出ください。
    • 複数人の運賃を1枚のICカードでお支払いになる場合
    • 子供運賃を大人用のICカードでお支払いになる場合
  • ※ICカードの残高が不足する場合、バス車内では1,000円札のみチャージできます。駅の券売機やコンビニエンスストアでは高額紙幣でもチャージできます。
現金 運賃を、現金投入口に入れてください。
※お釣りはでません。予め両替ください。
(1,000円札、500円、100円、50円硬貨のみ)
定期券 定期券を運転士にお見せください。
整理券は現金投入口へ投入してください。
※定期券の区間外をご利用の場合、該当区間の運賃をお支払いください。
バスご乗車時のお願い

お客様のバス車内での転倒等によるけが防止のためご協力をお願いいたします。

  • やむを得ず急ブレーキ等をかけることがあるため、着席になるか、つり革や握り棒におつかまりください。
  • 走行中の座席の移動等は、お控えください。
  • ベビーカー、車椅子等は、ストッパーや補助具等で固定してください。
  • バスの扉付近(車両により黄色のペイント部分)には、お立ちにならないようお願いいたします。
  • お降りの際は、バスが完全に停車してから移動してください。
    (バス停車時は、体のバランスを崩し転倒事故が発生しやすい状況です)

2:降車準備

降車ブザー

お降りになる停留所のアナウンスがありましたら、お近くの降車ブザーを押してください。
(降車ブザーを押して頂かないと、停留所を通過します。)

3:降車

バスが停留所に完全に停車したら、車両前方へ移動し運賃をお支払いください。

バスを降車する際のお願い

お客様のけがや交通事故防止のためご協力をお願いいたします。

  • バスから降りられる際に、自転車やバイクがバスの脇をすり抜ける場合があります。ご注意ください。
  • バスによる巻き込みや接触事故を防止するため、バスを降りた後はバスから離れてください。
  • バスの直前、直後の横断は、絶対におやめください。バスを追い抜く車両との事故の原因となります。