平成29年「春の全国交通安全運動」の実施について

2017.04.06
 平成29年「春の全国交通安全運動」の実施目的
 
「春の全国交通安全運動」が4月6日から10日間、全国で展開されます。
入学シーズンを迎えるこの時期は、子供の交通事故が増えることが懸念されます。
また、高齢者が関係する事故が依然として多く発生しています。
そこで、子供や高齢者を交通事故から守り、交通事故のない誰もが安心して暮らせる「交通安全県ちば」の実現を目指し、県民一人ひとりが交通ルールを守り、思いやりのある交通マナーを実践しましょう。

 実施期間:平成29年4月6日(木) ~ 4月15日(土)まで
 スローガン 「~おともだち むこうにいても みぎひだり~」

 運動の重点項目
 ①子供と高齢者の交通事故防止
 ②自転車の安全利用の推進
 ③全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
 ④飲酒運転の根絶

★交通事故死ゼロを目指す日:平成29年4月10日(月)
国民一人ひとりが交通ルールを守り、交通マナーを実践するなど交通事故に注意して行動し、交通事故の発生を抑止することを目的として内閣府が定めた日。
  
トピックス画像